SFAのメリットとは

営業をしている人ならば知っているのがSFAです。これは、顧客の情報を管理するシステムやサービアの一つで多くの企業で取り入れられています。とても便利です仕事をスムーズにおこなうためには欠かせないものとなってきています。しかし一口にSFAといっても、その種類は様々です。ソフトによって内容が違い、使いやすさにも差があります。料金もソフトによって大きな差があるので、いろんなものを比較してより使いやすく値段にも納得がいくものを選ぶ必要があります。ソフトによって、何に力を入れているかも違うので、自分の求めているものに合ったものが一番です。SFAを取り入れている企業と取り入れていない企業では、取り入れている企業のほうが同じ仕事内容でも効率よくスピーディーに仕事が進んでいるので、取り入れてみて損はありません。

SFAについてのこと

SFAというものは、営業の仕事をしている人にとっては身近な存在の一つです。このシステムが、生まれてからすでに10年以上が経っていて、今ではなくてはならないものとなっています。しかし当初のSFAは日本の営業スタイルには不向きで、使っていてもあまりメリットは得られないというところが多くみられました。しかし近年では日本では不向きとされていた問題点を改善し、使いやすく利点の多いシステムになっています。一口にSFAとはいっても、無料のものもあれば有料のものもあり、使い勝手も様々です。どれが使いやすいかは、企業にもよるので一概には言えません。口コミなどで人気のあるものであっても、自分には合わなかったということもよくあることなので、やはり一度は実際に使ってみて判断するのが一番確実な方法といってもよいです。

SFAでは毎日マネジャーはフォロー必要か

学校などにおいて生徒は先生に何らかの提出をすることがあります。それを採点して先生が返してくれますが、その時に何らかのコメントが書かれていると嬉しく感じます。またそれを参考にして頑張ろうとすることもあるでしょう。丁寧にコメントを書くのは先生にとっても負担になります。営業部のある会社においても日報に対してコメントを丁寧に返すマネジャーがいます。すべてのマネジャーではありません。SFAを導入すると現場のセールスは丁寧に報告をしてきます。それに対して返事を待つこともありますが、返事がないとすれば現場としてもその次にどのように行動したらよいかがわからない場合があります。また、信頼関係が薄れることもあります。これまであまり返事などをしていないマネジャーにとってはフォローが負担になることがあります。必ずしもフォローを求めるわけではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*