最近何かと巷で話題のSFA

会社勤めをしていると、最近やたらとSFAという言葉を耳にします。これは営業支援SalesForceAutomationというものであり、顧客情報や営業活動のデータを管理分析し、最適と思われるマーケティングスタイルをシステムとして確立しようというものです。良くテレビのCMで最近見かける、名刺のクラウド管理もこの形の一種と考えても良いでしょう。会社の中でも経理や人事の情報をシステム管理するということはかなり以前から行われてきていますが、営業活動のシステム化というのはここ数年での大きな動きとなっています。それまでの営業とは、半ば職人的な要素があり、先輩営業マンの元で何年も経験を積み、その中で自分の営業スタイルを構築していくのが主流でしたが、これからもっとこのSFAが普及すれば、会社全体として最適な営業活動を押し進めることができるようになるでしょう。

SFAによりまして組織的に

今までは、顧客情報や商談情報に置きましては、営業担当の方のみしか分からずそのため、仕事の出来る出来ないの差がかなりありました。なので、そういった情報を含めて、一括に会社が管理して営業社員と共有できるサービスの事をSFAなのですが、これまで、営業で培ってきた努力によって得た情報を、会社に送ると言う事は、その方たちの死活問題へと発展するのでは、懸念しております。ですが、会社で働いている以上組織で動かなければ利益率も少ないため。そして、その営業マンが色んな情報を持って他の会社に行かれた場合の事を考えますと、会社自体の損害はかなりの金額に及ぶと考えられます。なのでSFAが必要な訳であります。これにより、営業におきまして担当を代わったとしましても情報は、残っておりますので、其の延長線のまま進められるので、会社に取りましても社員のスキルもアップするので、そういったシステムを行っているものだと考えられます。

SFAの導入は失敗を繰り返して利用する

コンピュータシステムを導入するとき、最初から完璧なシステムを導入することは少ないです。とりあえず使えている場合、導入だけでほとんど使えていない場合などがあります。このような場合は将来的には見直しが必要になります。一方でうまく活用できているところもあります。うまく活用しているとしても、将来的には別のより良いシステムに変更する場合があります。SFAの導入に関しては失敗を繰り返して利用すると言われています。営業担当者が行う仕事をコンピュータ上で管理をしてそれぞれの人の勘などをなくして業務をさせようとする仕組みです。しかしどうしても人の勘に頼らざるを得ない部分が出てきて、こちらを利用するよりも勘で行ったほうが良い結果になる場合があります。システムを何度も入れ替えて使っている企業も多く、より良いシステムを見つける努力をします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です